icn-menu
2016.04.04
カテゴリー:

WordPressが「大好きで得意」なエンジニアの方を募集しています。

具体的にはWordPressを使用した、エンジニアです。
興味を持っていただいた方は問い合わせページより「ブログを見ました。エンジニア募集に興味あります。」とお気軽にご連絡ください。
直接お会いしての話や、遠方であればスカイプなどで話をさせていただきたいと思います。

募集の背景

・新サービス始動と作業増加に伴い、エンジニア募集

主な内容

・新サービスの制作業務
・画像バナーやリンク変更などの作業
・サイトリニューアルにおけるコーディング作業
・レスポンシブ化への作業

職種

・WordPressエンジニア

勤務地

・自宅での作業となります。

勤務形態

応相談

待遇

・応相談。

必須スキル、条件

・WordPressでの制作経験がある方。
WordPressを使用しての案件がほとんどですので必須となります。

・オリジナルテーマや公式テーマを元に子テーマを使用してカスタマイズなど出来る方。
・レスポンシブWebデザインの制作が出来る方。
・カスタム投稿の設置なども出来る方。
・photoshopなどのスライス作業ができる方。
・制作実績(https://www.current-com.com/?post_type=works)のようなサイト制作が出来る方、または構成などが理解出来る方。
・スカイプやメール、電話での作業対応が可能な方。
作業指示はメール等で依頼しますので迅速に対応できる方を希望します。

・突発的なレイアウト調整やエラー修復などの発生時にも臨機応変に対応できる方。
・当社の作業をメインに行っていただける方。
・月一または2カ月に1度など定期ミーティングへ参加可能な方。
ミーティングは都内にて行います。

その他

・前向きで柔軟な考え方を持っている方。

あなたの技術をさらに伸ばし、活躍してみませんか。
意欲ある方をお待ちしております。

2015.03.13
カテゴリー:

 

募集!WEBディレクター

★なにをやっているのか
Wordpressを使用したサイトの制作/運営です。

小さな会社となりますのでPCのセッティングから始まり
ご自身で身の回りのことも行っていただきます。
一日の始まりは、気持ちよく仕事ができるように社内の掃除から行います。

環境としては、一つ一つやりがいの持てるものばかりです。
大手企業にはない良さとして、限られた仕事だけではなく
幅広くいろいろなことにチャレンジすることができます。

★どのような環境か
勤務時間、服装は比較的自由です。
弊社では、自分で自己管理していただく姿勢をとっています。
仕事の進み具合、クライアント様の急な対応等が発生した際は、臨機応変に行動します。

お客様に喜んでいただけるよう、常にユーザー視点を忘れず
見やすい(使いやすい)サイト制作を心がけています。


★こんなことやっていただきます

Wordpressを使用したサイトの制作ディレクション業務全般です。
この度、業務拡大の為募集となりました。

ディレクション経験のある方で
過去に仕事をしていて子育てが落ち着き、社会復帰したい!
大手企業に限界を感じ、もっとスキルアップしたい!
WEB制作に大変興味があり、チャレンジしてみたい!
そんな方を求めています。

明るく活気のある職場を目指しています。一緒に仲間として不安点は
一つずつクリアしていきたいと思います。

【応募資格】
・WEBディレクターとしての実務経験
・WEBデザイン、コーティングの経験
・photoshop,Fireworks,Word,Excelの経験
※あれば可。必須ではありません。


【求める人物像】

・Web制作業務に興味があって好きな方
・コミュニケーション能力のある方
・一般的な社会常識のある方
・前向きな考え方ができ、成長意欲を強く持っている方
・細かな気配りができる方は大歓迎です。

 

設立3年目の小さな新しい会社です。仲間として働ける方、一緒に成長しませんか!
興味ある方はこちらからお気軽にご連絡ください。

2013.09.10
カテゴリー:

去年もかなり話題になりましたが、最近はじめられた方にプライベートな内容を公開にしている方が多いので、今一度見直しの意味で、取り上げます。

良いまとめがあったので、ご紹介しておきます。

▼Facebookを利用する上で注意、Facebookの危険性についてまとめ(NAVERまとめ)http://matome.naver.jp/odai/2130720299046181301

Facebookでの行動を検索し、凶悪犯罪やストーカー事件などにも発展しているのはとても怖いですよね。
なりすましも怖いですよね。

セキュリティーに関しては以下の事が指摘されています。(以下引用)

1つ目は、あきれるほど低レベルのセキュリティの穴があること。

2つ目は、知人を語った悪意あるサイトへの誘導

3つ目が、セキュリティ対策の希薄なモバイルデバイス上での感染が広がっていること。

特にスマホのみで使用している方は注意が必要です。
PC上でどのように見えているのかわからないのも怖いですよね。スマホとPCではインターフェースがまったくちがいます。

Facebookの投稿を公開にしているとネット上で公開と同じ事になります。このあたりmixiなどの感覚でFacebookを使用することは非常に危険です。ネット検索でもひっかかってきますし、個人情報というか行動が丸見えです。Google検索では画像検索にもヒットします。

また、まったく知らない人と友達になっている(友達の数が400人〜千人単位)場合やそのような友達と友達になっている場合、「友達の友達」までの公開にしていると、恐ろしい人数に公開と同等になりますよね?
まさにNAVERまとめの中にあった↓これです

Naver
Facebookをどのように活用されているのかによって、公開設定は投稿内容をしっかり考えた上で選択の必要がありそうですね。

1 広く伝えたい内容(公開でOK?)
2 ごく親しい友人のみに伝えたい内容(友達のみまたはカスタマイズ?)
3 仕事関係者のみに伝えたい内容(カスタマイズ?)

など、公開範囲をいろいろ使い分けるのもひとつかと思います。

以下、公開設定に関して

投稿後にも公開範囲を変更することが可能です。

Fb11

カスタム設定は、カバー写真の右下のダイヤルボタン

Fb31

共有設定の中の「私のコンテンツを見ることができる人」の編集をクリック

Fb6

シェアしない相手の名前を入力し、保存で設定完了です。

Fb7

ストレスレスでFacebookを楽しむ為にもいろんな設定を使用することをオススメ致します。

投稿 by Current Communications | カレントコミュニケーションズ.

2013.09.09
カテゴリー:

Facebookページ「埋め込み投稿」の設置方法
2013-09-09
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク – Facebookページ「埋め込み投稿」の設置方法

8月21日に米Facebookが公開した、「Embedded Posts」(日本では「埋め込み投稿」)Facebookページのいいね!のファンを増やすのに良いツールかと思います。

よく皆さんブログのサイドカラムにウィジェットの設置はされていると思いますが、ブログ本文内にこの投稿が表示されると訪問者はその場で埋め込まれた投稿に「いいね!」や「シェア」をすることができます。

埋め込み投稿の設置方法は簡単です。
設置したいFacebookページの投稿記事の右上「▼」プルダウンメニューより「埋め込み投稿」を選択

Facebook1

そこに表示されたソースをコピペするのみ。
記事の最後に設置することをオススメします。

Facebook2

このように↓表示されます。

投稿 by Current Communications | カレントコミュニケーションズ.